FFF-Pro-Wrestling’s Official News

ファイプロワールドの架空団体『FFF(トリプレファ)』の公式ニュースサイトです。

【試合動画&コメント】2022.11.18「FFF 4th Aniversary Party!!」第十三試合(メインイベント)”FTCヘビー級タッグタイトルマッチ"

第十三試合(メインイベント)「FTCヘビー級タッグタイトルマッチ」時間無制限1本勝負

【挑戦者】トミー・タロー&Borusse Mohko vs フライングV&リカルド・キアッピーニ【王者】

※試合動画編集中

試合後コメント

トミー・タロー

今年こそは、と思っていたんだけどね。その壁は厚かった。最強のパートナーともいっていいMohkoと組めたことはとても良い経験になったけど、個々が強いだけじゃ勝てないというのがタッグ王者の面白さでもあり、難しさだね。

前回今回と二回の挑戦経験を生かして、次のチャンスこそ必ず勝ちたいね。

Borusse Mohko

個人としてのポテンシャルは王者に劣っているとは思いマセン。デスガ、正直、敵が3人いる気分デシタ。ワタシの問題ナノデ、トミーにも悪いことをシマシタ…。やはり、チームPVBで挑戦したいデスネ。

フライングV

きつかった。やはり二人とも最高に強かったヨ。おそらくシングルで戦えば向こうの方が力は上だろうしね。

でも、我々には何年もこのベルトを守ってきた誇りと経験があるからね。そしてリカルドの成長もね。

これで2022年もベルトを持ったまま終えることができて、今はただほっとしてるよ。

来年もより強い王者であるべく、頑張っていくさ。

リカルド・キアッピーニ

トミーさんのラリアットをもらった時にはさすがにダメだと思いました。でも、Vさんのフォローもあってなんとかベルトを守りましたよ。さすがの二人です。とても厳しかった。お二人が2試合目でなかったらやられていたと思います。トミーさんはチャーリーさんの打撃のダメージがだいぶ残っていたと思うし、Mohkoさんも流血してましたよね。もし次お二人と戦う時はお互いノーダメージで、そして、お互いのタッグパートナーとやりましょう。その時まで僕とVさんがベルトを持っていますし、その試合に勝つのも僕らです。

まだまだ防衛記録は伸ばしますよ。誰の挑戦でも受けます!ありがとうございました!