FFF-Pro-Wrestling’s Official News

ファイプロワールドの架空団体『FFF(トリプレファ)』の公式ニュースサイトです。

【試合動画&コメント】2022.5.20「浪花のくるりんぱ」第十試合(メインイベント)”FTCヘビー級タッグタイトルマッチ"

第十試合(メインイベント)「FTCヘビー級タッグタイトルマッチ」時間無制限1本勝負

【挑戦者】赤我無多亞&花見川幸一 vs リカルド・キアッピーニ&フライングV【王者】

※試合動画編集中

試合後の出来事

Vのカウント3で勝利をおさめたチャンピオンチーム。ベルトを手に記念撮影を終えたキアッピーニがマイクを手にした。

キアッピーニ「大阪のみなさん!お久し振りです!みなさんの熱気でこれまで暴れまわっていたテロリストに勝つことが出来ました!ありがとうございました!オレとVさんでこのベルトを防衛し続け、2022年のベストタッグも取ります!

そのために。FFF最強のタッグがオレたちだ、ということを証明するために。次のタイトルマッチの相手を指名させてください。

佐山!トミー!次回、FFF40回大会!オレたちと勝負しろ!ベルトを賭けて勝負だ!いい返事を待っているぞ!」

試合後コメント

赤我無多亞

なんだと?? これで終わり??

ふん、あれだけガチなVを引っ張り出せたってことだろ? いいじゃないか、面白くなってきた。それも含めてオレ達"破浪我輪"の勝利さ。

会場の盛り上がりを見ただろ?オレ達の称賛だろ?? ふふん、さあ次はどいつらだ? 俺たちが引き上げてやるよ。

花見川幸一

すまねぇ赤我武多、カットに入れなかったのが不覚だぜ…
キアッピーニも頭突きで根性見せた…けどよぉ、VもVだぜ、ガチガチに来やがった!!わかってんのか⁉︎オレ達破浪我輪の戦いっぷりに客が盛り上がったってことをよぉ!!
出直して頑張るだなんて殊勝な気持ちは1ミリもねぇからな、次は次で面白いことをやるだけだ!テロリストにベルトなんざ、似合わねえってことよ。一年終えた時のプロレス大賞を見てろよ、赤我武多亞とオレが席巻してやるさ。
そこんとこぉ、夜・露・死・苦ーっ!! 

リカルド・キアッピーニ

破浪我輪のプロレスに勝ちましたよ。それが答えでしょ。確かに彼らは強い、だからこそプロレスを思い出して欲しかったんですよ。そのキッカケになればいい。すぐでもなくていい。いつか純プロレスで勝負したいですね。もちろん勝ちます。

しかし、今日のVさんは凄かった。キレキレでしたよね。前回のダグラスのこともありますから勝ちを意識したプロレスでした。さすが。

そして、試合後に佐山、トミーの名前を出させてもらいました。あの2人がKing's Soulを立ち上げた。そこにはあの2人のタッグも想定されていたはず。そのキッカケとしてベルトを出しますよ。申し分ないでしょ?オレたちにとっても佐山、トミーに勝つことでこのベルトの価値が格段に上がる。まぁ、2人の返事を次第ですけどね。ありがとうございました。

フライングV

ワタシタチの勝利さ。まだこのベルトはワタサナイ。プロレスラーとして、あいつらには負けられないからネ。

リカルドがサヤマとトミーの名前を出した気持ちは分かるヨ。プロレスに飢えてたんだろうね。面白いね。ストロングなプロレスで、次もベルトを守ってみせるヨ。